2012年06月05日

エントランスゲートだよ〜♪

マルシェワンダーランド越前陶芸公園の一角をお借りして、
運営するのですが、やっぱり雰囲気作りはとっても大事な要素だと考えていました。

まったく予算がゼロからのスタートだったので、
必要最低限のものは揃えるとして、
他はなるべく手作りして、コストを抑えようと思っていました。

写真01084.jpg

なので看板類は実行委員会内メンバーで手作りし、
エントランスゲートも自分たちで作ることにしました。
たつやは大工仕事ならば、ある程度は工具が揃ってるので、
何とかなりますが、絵柄となるとちょっと・・・。

写真01086.jpg

写真01085.jpg

写真01087.jpg

当初から実行委員会メンバーに入ってもらっていた
福井市在住のエアブラシアーティストEkusiadさんことダイスケさんに、
お願いしてみたところ、快諾してくださいました。

写真01090.jpg

写真01091.jpg

写真01092.jpg

写真01093.jpg

エントランスゲートは公園入り口の車止めのポストに木枠を付けて、
それに柱を2本立てて、どの上にこの看板を設置します。
持ち運びを考えて、910mm×910mmの薄いベニヤ板を正方形に切ったものを
4枚張り合わせてゲートとすることにしました。
軽さも必要ながら、強度を持たせるためには裏から銅縁を張り合わせます。
左右の2枚はジグソーで板をカットし、そのカットした板を下の部分に張ったので、
左右がアールがついてエントランスゲートのカタチっぽくなりました。
高さ1200mm、幅は3600mmです。

写真01096.jpg

この土台を仮り組みして、ダイスケさんがペンキで色を塗りはじめます。
たつやが伝えたのは昔の移動遊園地のような楽しさが伝わることと、
フランスの国旗の色合い、トリコロールカラーを使って欲しいということだけでした。

写真01098.jpg

写真01099.jpg

3日かけて、ダイスケさんが仕上げてくれました。
昼も、夜も、ご飯も食べずに集中してペイントするダイスケさんの横にいって、
いろんな話をしながら、仕上がっていく様子を眺めているのは、
幸せな時間でもありました。

535867_364354923603208_501035869_n.jpg

中でも今年3月に東日本大震災で被災した石巻市へ行って、
商店街のシャッターに一日しかないという限界の時間の中で、
このシャッターアートを仕上げたという話には感動して、目頭が熱くなりました。
吹雪などの悪天候の中、彼が絵を描いていたわずか8時間だけが、
雪も雨も風もピタリと止んだのだそうです。
描いたのではなく、描かせてもらったという言葉が素敵でした。

560626_364355393603161_941512436_n.jpg

こうしてたくさんの方の協力が集まっての
マルシェワンダーランド in FUKUI 2012
は5日後6月10日に開催です。

写真01097.jpg

どうぞこのエントランスゲートをくぐってくださいね♪
ね、もうわくわくドキドキが始まったでしょ^^






posted by mwf at 22:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。